得意とする開発

ピクセルグリッドが得意とする開発の種類を紹介します。

得意とする開発

業務システムのWebツール開発

エンタープライズ業務システムの、アーキテクチャの要件定義からUI設計、フロントエンドの実装まで行います。

特に業務システムでは、使う人のニーズに沿ったUIとメンテブルなコード設計が重要です。ピクセルグリッドでは、Jamstackをベースにした最適なアーキテクチャで、SvelteやPreactなどの運用や設計に合ったライブラリを選定し、長期に渡る運用を見越したフロントエンドの設計を行います。

APIを用意してある場合はもちろん、Algolia、GraphCMSなどニーズに合った既存サービスを使った構成で提案もできます。

取引会社

コマツ(株式会社 小松製作所)

Webサービスのフロントエンド、管理画面開発

多くのユーザーが利用するWebアプリケーションのフロントエンド設計は、ピクセルグリッドが得意とする分野の一つです。規模に合わせ、JamstackをベースにしたアーキテクチャでSvelteやPreactなど最適なライブラリを選定し、設計します。

新たにAPIを合わせて開発する場合、フロントエンドから扱いやすいAPI設計をサポートします。Firebaseなどを利用したリアルタイムで動作するフロントエンド実装にも対応できます。

開発事例

WebグラフィカルUIツール開発

画像編集ツールや、ビジュアルで操作して試せるシミュレーターなど、SVG、Canvas、WebGLを使ったグラフィカルなUIを持つWebサービスが多く作られるようになりました。

ピクセルグリッドでは、複雑な図形や、3Dの仕組みを使った、独自のWebグラフィカルUIツールの設計、開発を行っています。PCはもちろん、スマートフォンやタブレットでも問題なく動作するWebツールを開発できます。

開発事例

ブラウザ拡張の開発

いくつかのWebサービスでは他のサイトを閲覧時でも、自社サービスの情報を呼び出したり、機能を呼び出せるブラウザ拡張機能を提供しています。ピクセルグリッドではブラウザ拡張機能の作成にも対応しています。

Webサービスから通知を受け取るようにしたり、特定のWebサイトやサービスの拡張するといったことも可能です。ブラウザ拡張でお困りの場合はご相談ください。

開発事例

フロントエンドのパフォーマンス調整

Webアプリケーションのパフォーマンスは、ユーザー体験に多大な影響を与えます。パフォーマンスの悪いアプリケーションは、それ以外の機能の使い勝手やUIがどんなに良いものだったとしても、全体の評価を著しく低下させてしまいます。

ピクセルグリッドでは、フロントエンドのパフォーマンス調整を行うことができます。パフォーマンスに問題を抱えるWebサイトやアプリケーションの、ボトルネックとなっている箇所を洗い出し、適切な改善方法をご提案させていただきます。

開発事例

EC、メディア、コーポレートサイトのJamstack開発

ECサイト、メディアサイト、コーポレートサイトをJamstackで開発すると、高速でセキュリティ上有利なサイトとして公開できます。

サーバーサイドのCMSを中心とした構成だと、アクセス増に対応するため、複雑なアーキテクチャとなっている場合があります。事前に構築・配信が可能なコンテンツを生成しておくJamstackでリニューアルすることで、シンプルなアーキテクチャで改善できます。

ピクセルグリッドでは、コンテンツにあったサービスを選定、提案し、ランニングコストを抑えられるアーキテクチャで実装まで行えます。

開発事例


Jamstackで解決したいプロジェクトがあれば、
技術選定の前に気軽にお問い合わせよりご相談ください。

お問い合わせ